ハウスクリーニングを頼みたいけど本当に綺麗になるの?

掃除なのに料金が高い?

​注文はしてみたものの誰がくるの?

そんな素朴だけどいざ注文しようと思うと気になる不安!

おそうじのPROSでは、その不安を解決し高評価をいただける3つの理由があります!

ハウスクリーニングを行う清掃会社は、大手から個人まで多数あります。数ある業者の中から、どうやって自分に合った業者を探せば良いのか悩んでしまいますよね。

また、サービス内容によっては、清掃会社によって対応できる作業とできない作業が異なるため、安いから良いというわけでもありません。

作業の範囲、時間、料金などおそうじのPROSでは分かりやすくご説明させていただいております。

お風呂洗剤の種類

【お風呂の洗剤にはどんな種類がある?】

お風呂にはカビや水垢、ぬめりといったさまざまな汚れが存在します。

 

それぞれ汚れの特徴が異なるため、洗剤も汚れに合わせて使い分ける必要があります。

異なった洗剤では、汚れが浮き出てこないため結果として、洗剤だけが増えていくことになります。

今回は、洗剤の用途について解説します。

 

【用途と成分】

お風呂洗剤には大きく分けて3つあります。

塩素系は、正確には洗剤ではなく漂白剤のことを指します。

漂白剤はカビを落とすことに優れているため、カビが溜まりやすい浴室のタイルやゴム部分、排水口といった箇所で効力を発揮します。

水垢はアルカリ性の汚れなので、酸性の洗剤を使えば汚れが落ちやすくなります。

鏡や風呂桶やイスなどといった箇所で効力を発揮します。

中性の洗剤は、お風呂場全体の掃除で使える万能型です。

塩素系や酸性系に比べ、人体や環境への害も少なく安心して使えるというメリットがありますが、本格的な掃除には向いていません。。

 

【お風呂の頑固な汚れはプロに!】

汚れに合わせて洗剤を使い分けることで、これまで落とせなかったカビや水垢を取ることも可能ですが、塩素を含む漂白剤は酸性と混ざると有毒ガスが発生してしまうので、酸性系の洗剤とは絶対に混ざらないように注意が必要です。

 

また、塩素系の漂白剤と酸性系の洗剤を同時に使うのも危険です。漂白剤と酸性系の洗剤のどちらかを使ったら、もう一方の使用は控えましょう。

長い間放置してしまったお風呂の汚れはそう簡単には落とせません。

 

頑固な汚れは、時間をかけて根気よく掃除する必要があります。

「洗剤を駆使しても汚れが落ちなかった」という方や「お風呂掃除ってめんどくさい」という方は、お風呂掃除のプロに依頼してみるのも良いでしょう。

浴室クリーニングは石鹸カスやカビ汚れを徹底的にお掃除しご満足いただいております。
浴室のカビはなぜつくのか。その対策を解説します。
お風呂の洗剤はなにを使えばいいのかを解説します。
お風呂の汚れと原因を理解し対策を紹介します

© 2018 by House Cleaning PROS