ハウスクリーニングを頼みたいけど本当に綺麗になるの?

掃除なのに料金が高い?

​注文はしてみたものの誰がくるの?

そんな素朴だけどいざ注文しようと思うと気になる不安!

おそうじのPROSでは、その不安を解決し高評価をいただける3つの理由があります!

ハウスクリーニングを行う清掃会社は、大手から個人まで多数あります。数ある業者の中から、どうやって自分に合った業者を探せば良いのか悩んでしまいますよね。

また、サービス内容によっては、清掃会社によって対応できる作業とできない作業が異なるため、安いから良いというわけでもありません。

作業の範囲、時間、料金などおそうじのPROSでは分かりやすくご説明させていただいております。

お風呂のカビ対策

カビが繁殖する前に

お風呂の掃除の悩みのなかでも厄介なのはカビ。

 

特に浴室はカビが発生しやすく、お風呂掃除の度にカビと格闘しなければならない現実に頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。

カビには繁殖しやすい条件があり、お風呂場は気をつけなければこの条件を満たしやすい場所。逆にいえば、きちんと気をつけていればカビの繁殖を押さえることができるます。



お風呂のカビは、カビが増殖する前にの意識が大切です。

 

【しっかりとした換気】

温度の次に大切なのは、湿度です。

 

カビは湿度が60%以上になると急激に繁殖を始めます。

 

浴室を使用したあとは湿気が残るので、必ず換気扇を回すようにしましょう。

 

換気扇が故障するとうまく換気ができなくなるので、定期的に掃除をすることが大切です。

また、換気扇があまり効かない場合は扇風機を浴室でまわすことで、カビの繫殖を抑えることが出来ます。

 

【使用後も暖かくしないことが大切】

カビは0~50度の環境で生息・繁殖が可能ですが、最も繁殖しやすいのが20~30℃。

 

お湯を張ったりシャワーを使ったりする浴室は季節に関わらず暖かいため、カビが繁殖しやすい条件が年中整っています。

 

そのため、お風呂の後には壁や床に冷水をかけて、温度を下げることが効果的です。

お風呂場と外気温の差が少ない梅雨や夏場や、冬場のお湯の設定温度が高い時期は年間を通してカビやすいです。

浴室クリーニングは石鹸カスやカビ汚れを徹底的にお掃除しご満足いただいております。
浴室のカビはなぜつくのか。その対策を解説します。
お風呂の洗剤はなにを使えばいいのかを解説します。
お風呂の汚れと原因を理解し対策を紹介します

© 2018 by House Cleaning PROS