室外機って掃除が必要?

エアコンの室外機

エアコン本体のクリーニングは年々増加傾向にありますが、その一方で室外機の掃除の必要性や掃除の方法はあまり知られていません。

エアコンの性能を保つために必要な室外機について解説します

 

【室外機が汚れると】

室外機の吸い込み部分がホコリや泥などで汚れてふさがるとエアコン本体の稼働効率が落ちてしまいます。

稼働効率が落ちると、エアコン本体が正常時の力を出そうとするため、通常よりも多くの電力を使うため、消費電力があがる傾向があります。

 

【お手入れの方法】

室外機という名前の通り、室外機の多くは室外に設置されているため、防水構造になっています。

そのため、室外機は水洗いをすることが出来ます。

表面上の汚れはもちろん、内部のファンも洗うことが出来ます。

水洗いの注意点は、エアコンの電源を切り、止まっている状態ですることと、あくまで、表面上の汚れを綺麗にすることです。

室外機といえどやはり電化製品ですので、基盤の部分が濡れると故障の原因になるためです。

【プロに任せる方法もあり】

エアコンの稼働効率を左右する部分はファンの反対側、大抵の場合は部屋や壁側のアルミフィンの部分になります。

このアルミフィンの部分がホコリやペットの毛などの詰まりがある場合は、分解洗浄することで、取り除くことが出来ます。

お手入れに不安がある場合もプロにまかせてみるのも1つの手です。

エアコンクリーニングは内部のカビやホコリを高圧洗浄し綺麗にします。気になる臭いもなくなります。
エアコンはなぜ不快な臭いがするのか
エアコン内部のカビの予防法をプロが解説します
清掃業者により金額も仕上がりも様々。何を基準時決めればいいかを解説します
室外機は洗った方がいいの?その疑問にお答えします
エアコンクリーニングのオススメ時期をご紹介します

© 2018 by House Cleaning PROS