エアコン清掃業者による違い

エアコン清掃の歴史

エアコンクリーニングの歴史は1990年代から始まり、定着し始めたのは真夏日や猛暑日が増えたここ数年のことではないでしょうか。

当初は、エアコンクリーニングの知名度が低かったことや、エアコンクリーニングを行える知識や技術を持った清掃業者がいませんでした。

【エアコンクリーニングのスタッフ】

最近では、清掃業者だけではなく大手家電メーカーや、ホームセンターなどもエアコンクリーニングサービスを中心に展開しております。

このエアコンクリーニングですが、原点に戻れば家電製品です。

そのため、洗剤や水を使って洗浄するわけですから、しっかりとした研修とマニュアルを熟知する必要があります。

少し聞こえは悪くなりますが、言い方を変えると基本が分かればハウスクリーニング業務の中では一番スタッフによる技術力の差がでないサービスとも言えます。

エアコンクリーニングは内部のカビやホコリを高圧洗浄し綺麗にします。気になる臭いもなくなります。
エアコンはなぜ不快な臭いがするのか
エアコン内部のカビの予防法をプロが解説します
清掃業者により金額も仕上がりも様々。何を基準時決めればいいかを解説します

【料金はなぜ各社違うのか】

エアコンクリーニングに関していうのであれば、必ずしも料金=満足度に直結するとは言えません。

その理由の1つが、エアコンクリーニングの料金はどの清掃業者も売りにしているため、広告宣伝費を多くかけていることが多いからです。

梅雨時期や夏場などに多くのエアコンクリーニングの広告やCMなどみるのはこのためです。

あまりにも安い料金の場合は、エアコンクリーニング自体は安いですが、クリーニング完了後に追加クリーニングの営業やリフォームの提案などもあるそうです。

また、大手にお願いしてみたところ、提携先の清掃業者や、下請けの清掃業者が来たなどの事例もあります。

エアコンクリーニングは、大手だから安心ということは決してありません。

レビューや、口コミ、クリーニング実績などが分かったり、実際作業を行うスタッフが分かるようにしている清掃業者がおススメです。

室外機は洗った方がいいの?その疑問にお答えします
エアコンクリーニングのオススメ時期をご紹介します