エアコンのカビの予防法

エアコンにカビを付けない対策

エアコンクリーニングをしてカビを取り除くのが一番いいのですが、毎シーズンとなると費用も多くかかってしまいます。

今回紹介するのは、エアコンのリモコン1つでカビを付きにくくする対策を解説します。

【エアコンにカビが付くとき】

エアコンを使うとき、暑いときか寒いときのどちらかではないかと思います。

暑いときには冷房運転、暑いときには暖房運転といった感じでエアコンの力で部屋の温度を強制的に上げ下げを行います。

カビが発生するのは主にエアコン使用後で、強制的に室温を変えた代償としてエアコン内部に多くの湿度をため込んでしまいます。

夏場のエアコンの結露もカビの発生を促進させてしまいます。

 

 

エアコンクリーニングは内部のカビやホコリを高圧洗浄し綺麗にします。気になる臭いもなくなります。
エアコンはなぜ不快な臭いがするのか
エアコン内部のカビの予防法をプロが解説します
清掃業者により金額も仕上がりも様々。何を基準時決めればいいかを解説します

【内部クリーン機能を活用】

エアコンの使用後に、冷房運転をしていたなら使用後に暖房運転で乾燥、暖房運転をしていたなら使用後に冷房運転を使うことでカビの発生を抑えることが出来ます。

ただ、実際はいくらカビ対策とは言っても冬場に冷房はかけたくないものですし、毎回操作をするのも面倒になってしまいます。

エアコンのリモコンに【内部クリーン運転】が付いている場合は、ボタン1つで内部を乾燥させる動作を行ってくれます。

よく間違われやすいのですが、この内部クリーン機能はお掃除機能ではありませんので、すでに発生したカビを取ったり、臭いと取る機能ではありません。

今回紹介した記事はあくまでエアコンのカビの予防法になります。

臭いや見た目が気になってきた場合は、エアコンクリーニングをオススメします。

室外機は洗った方がいいの?その疑問にお答えします
エアコンクリーニングのオススメ時期をご紹介します